1/11/2007

夕焼けと凍った湖と。


友だち夫婦の家は、ダーラナ地方の湖のほとりに建っています。

家は駅から車で20分ほどかかるところで、最寄の近所は車で3分。その他には家はなく、シーンとしたピースフルな景色が広がっています。

到着した日の夕方に、空が燃えているような夕焼けが見れました。

この家には4日間滞在したんだけど、ここまでの夕日が見えたのは滞在中この日だけだったので、よかったよかった。

もう、ほんとーーーにあまりに素晴らしい夕焼けで、シャッターを押す手が止まりません。

あーーーー夕日ってなんてきれいな色なんだろう。

しかも、どういう構造になっているのかわからないけど、湖の氷を突き破って(?)枝が出ているところも幻想的で見入っちゃいました。

背の高い木や湖が広がる風景は、私が住んでいる南部ではあまりお目にかかれない風景で、(そのぶん、見渡しがいい南部の風景も大好きなんだけど。)こういう風景見てると「(あぁ・・・スウェーデンにいるんだなぁ)」と実感。

ちなみに、つい今私の部屋にフィンランド人の友だちがいるんだけど、フィンランドはまさに「森と湖」の国みたいで、この写真を見たら故郷が無性に懐かしくなったみたいです。

何の音もしない湖のほとりで、沈んでいく夕日をひたすら眺める・・・。

やはり人間には自然が必要だぁぁぁ!!!!

と思ったのであった。

つづく


2 kommentarer:

KAE sa...

旅行していたのね。更新されないからどこに消えたかと思いましたよ。それにしてもすてきな夕焼けですね。・・・。
私は正月に韓国でした。食べまくり・・。恐ろしい・・・。

Aco sa...

Kae>

そうなんです~、冬休み115%くらい使ってスウェーデンを縦に旅してました。
どこに消えたのかという同じようなメールをいくつかもらいました 汗。
出発前はいつものごとくかなりアワアワしてて、お知らせも書けずに行っちゃったからなあ。

韓国!いいなーー。焼肉とかキムチとか、ここでは無縁っす・・・。韓国って字を見ただけでヨダレがでてきます。