4/30/2006

チェコの旅<間違えちゃった編・完結編>

どうやらこのテレジーンという場所の一部は、1940年にゲシュタポ(ナチス・ドイツの秘密警察)に牢獄として使われていたところだそうだ・・・。そして、1945年までに、そこで約2500人の囚人が殺されたと。

また、この場所の別の部分はユダヤ人のゲットーだったそうで、これまた多くの命が奪われたそうで・・・というわけで、テレジーンはユダヤ人の悲劇的な歴史を物語ってる場所だそうです。

うちら、妙なポジティブスィンキング(そうなのか?!)で、「こういう場所に今後いつ来るかも分からないし、かえってよかったかもね!」「うん、ただ楽しいだけの旅じゃなくて歴史的なことも勉強になるしね!」「うん。アハ、アハハ」ってなかんじで、この町を周ることにしたのでした。

それにしても、人けがない。特に女性をほとんど見かけない。

道路に散らばるガラス片、ユダヤ人のダビデの星の絵、何かを燃やしてる臭い、曇り空も手伝って、もう気分はその大変な時代にタイムスリップ。

たくさんの人が泣き、悲しみ、逃げ惑い、絶望したんだろうなーっていうことがヒシヒシ伝わってきて、胸が苦しくなった。

人も、なんかちょっと雰囲気怖くて。私なんて、何もしてないのに男の子にけしかけられて、無視したら足を棒で殴られたし!

けっこうな痛さだったけど、シカト。怖くて何もできないよ!

なんであんなアグレッシブなわけ?!知らない奴に叩かれるなんてさぁ、初めての体験だよ 泣。知ってる人にだってもちろん叩かれたことないです。)

友だちも有刺鉄線の向こうにいるシェパードに吠えられ、(オラ、腹いせに写真撮ってやった!)だんだん小雨も降ってきて、もう気分的に限界で、うちらは帰ることにしたのでした。気分的にここに長くいるのはムリ!

下の記事にのせたバス停でバスをチェックしたら、1時間後くらいまでバスが来ない。

ほかにどこも行くところもないので、おやつを食べながらしりとりをして(小学生か?一応、スウェーデン語しりとり☆)バスを待つ。

無事プラハに戻れた時はほんとホッとしたーーーー!!!

でも、今まで本で読んだり映画で見たりはしてたホロコーストだけど、漠然と「大変だったんだなー」くらいしか思ってなかった。実際こういう場所歩いてみて初めてもっと感情移入ができたし、もっとこのときのことが知りたくなった。

そういうわけで、自分を納得させるとかいうわけじゃなく、本気で、うちらの発音ミスでここに来れたのはある意味よかったな、と思うのです。そうでもなきゃ来なかったし。考えさせられる旅になりました。

教訓:旅先でキップを買うときは、口だけでなくメモにでも書いて見せて確認しましょーー。

2 kommentarer:

misa sa...

車、めっちゃ壊れてるね・・・(汗)私はラスベガスのフリーウェイであれぐらい壊れた車がちょーハイスピードでぶっ飛ばしてるのをみたよ。バンパーは潰れてるしフロントガラスなかったし!その車で走っていいのか?!って感じだった。
ほんとにシンドラーのリストの世界だね。ちょっと怖そうだけど、間違えなければ行かない場所だし、貴重な写真も撮れてるし!すごいじゃん!                    

Aco sa...

いやあ、コメントありがとう!
この3部作書くのにけっこう疲労したので、そういってもらえるとうれしいですっ!

外国ってほんとに日本じゃありえないボロさ、汚さの車があったりするよね。

そうそう、ちょっと怖かったけどね、貴重な体験です。

プリズンブレイクの件でメールありがと 笑。なぜ天野??

オススメですが、カイトには刺激が強いかもしれないので要注意!