1/08/2008

母&友 スウェーデンの旅<9・とうとうヘイドー(さようなら)編

あはは、数ヶ月の時を経て、大勢の皆さま((4人)・・・と思いたい。)の熱い期待に応えて、また記憶をさかのぼって書いてみますた。

そう。これらは昨年6月のことですので・・・。

もう、半年もすぎてるじゃん!!!

まあ、そうなんです、母と友だちが来てくれた時の話ですけど、あんなことやこんなこと(←省略しすぎ)があって、楽しかった10日間もあっという間に終了。

あぁ、悲しき別れの時。

母はその旅立つ日、私の地元のスーパーに行き、最後のお土産を物色していた。

その中には、チューブに入っている塗るチーズ(←唯一の父への土産)や形状のかわいいハンドソープ(母がいたく気に入ってたもの)もあった。

それがあんな災難を招くとはぁぁぁぁ!!!(旅なれた皆様ならこの時点できっとわかりますね?)

そう、今は憎きテロリストのせいで手荷物には100cc以下の液状のものしか持ち込めないのである。クリームもダメ。


母と友だちが預け入れ荷物をチェックインしたその後!私は気づいてしもうた。

私: 「お母さん、朝買ったあのチューブのチーズとハンドソープさぁ、どこ入れた?」

母: 「え?この中よ。」 (腕にかかってる手荷物を指差す。)

・・・・・脱力。

やっぱ手荷物にいれてるウウウウウ!!!!泣泣泣

ってことで、ダメモトで空港職員に、

「あのう、このハンドソープもチーズも開封してないんですけど、それでも手荷物で持ち込めないのでしょうかねえ?」とヘラヘラ聞いてみると、「ダメですっ!」とのお言葉。

ちなみにチェックインした窓口のおばさんにも、「いま預けた荷物に入れ忘れたものがあるんですけど、もう一度もらえませんか?」と聞いたけど、「もう遅いですっ!」とのお言葉。

でも、母がチーズはともかく、ハンドソープはどうしても持ち帰りたいっていうものだから、100cc以下ならいいのだろうと、バーガーキングでお茶をしたついでにその空カップにハンドソープをチウウウウウウウと搾り出して、150cc入りのハンドソープを50ccくらいまでに減らし、手荷物として持たせることにした。母はそのボトルが欲しかっただけで、あとで日本で適当に別のハンドソープ詰め替えるって言うからさ。

で、チーズは私がいただき、とうとう荷物検査をするところの前にある関門(?)へ。

そこで、私が職員に「この石鹸、50ccくらいしか入ってないんで、持って入ってもいいんですよね?」と聞くと、「ダメ」と容赦ないお答え。

私、ウカツだったんだけど、その容器に表示されてる内容量が100cc超えてたら、いくら中身が軽くてもダメなんだってねー!!!知ってた?!

だから、そのハンドソープは、あんな努力したにもかかわらずあっけなく没収。

チーーーーーーーーーーーーン。

そのハンドソープの一件で、別れを惜しむ暇もなく、あっけなく母と友は搭乗客しか入れない荷物検査のほうに吸い込まれていったのでありました。。。


私はバイバーイと遠くから手をふることしかできなかったっ!!!

手元にはチーズとハンドソープ。

「わざわざスウェーデンまで来てくれてありがとう、気をつけて日本まで帰ってね」なんてことも言えず、あっけない別れであった・・・。

それにしても、塗るチーズとハンドソープ(総額1000円くらい)にどれほどの労力つぎこんだんだよ・・・(心の声)。


つづく

あ、ちなみに今回の写真はみんなよく利用するコペンハーゲン・カストルップ空港の写真であります。私がいままで行った中では文句なくいちばん素敵だと思う、かつ機能的な空港であります。

レゴのおもちゃがあるところがさすがデンマーク。(レゴがうまれたところ!)

2 kommentarer:

みさ sa...

かわいそうなハンドソープ。。。
それってスーツケースに入れとけば平気なの??
ワイハ行ったときも(昨年5月末)ちょーーービビリながら搭乗手続きしたよ(|||-ω-)
結局大丈夫だったけどね。
ビビリすぎて逆に不審だったかもねww

そうそう、ところで先月ACO宛にバースデーカード送ったんだけど届いたかなぁ?
・・って今更だけどワラ

Aco sa...

みさ>

そうそう、スーツケースなら液状のものいいんだよ!でもさ、割れたりもれたり、不安だよね・・・。ほんと住みにくい世の中ですわい。

え?!カードを?!
ありがとううううう

実はまだ受け取ってません。
管理人のおばちゃんが持ってるのかなあ・・・。

ちょっと聞いてみます!

届いてるといいんだけどね・・・汗。